アンチエイジングは早めのケアが肝心|美容外科での施術がおすすめ

  1. ホーム
  2. 症状の具合に合わせた施術

症状の具合に合わせた施術

頬を触る人

年齢と共に気になるようになるのがしわやたるみです。年を重ねるとその分肌の機能も衰えていくため、このような症状が出ることは仕方ないとも言えます。しかし、だからと言って何もしなければ老化は進んでいくばかりです。それを防ぐためには、日頃からアンチエイジングケアを行なっておくといいでしょう。アンチエイジングケアの仕方には様々な方法がありますので、いろいろ試してみるといいです。食生活や運動、睡眠などの生活習慣を改善するだけで、肌の状態は大分変わってきます。しわやたるみのない美しい肌を目指す一歩になりますので、日頃の努力を怠らないことが肝心なのです。まずは自分でできるケアを行なってから、しっかりアンチエイジング効果が実感できるか試してみるといいでしょう。主にたるみやしわが出やすいのは、目の周りや口元、頬、額などです。これらの部分に老化のサインが表れたら、早めにケアしておかないと症状はどんどん悪化してしまいます。セルフケアでなかなか症状が改善されない場合は、美容外科クリニックに通うというのもアリです。専門医に症状を診てもらい、きちんとした処置を施してもらうといいでしょう。アンチエイジングの専門医ならば各々の状態をしっかり見極め、適切な施術を提案してくれます。セルフケアでは改善されないしわやたるみの症状も、しっかり改善してくれるでしょう。

一言でたるみと言っても、初期のものから重度のものまで幅広い症状があります。初期のたるみの特徴は、肌にハリや弾力がない、ほうれい線が少し出ている、毛穴が広がってきているなどといった症状です。これらの症状を感じたら、早めに美容外科を受診することをおすすめします。初期の段階なら比較的簡単に改善することができますし、施術もそこまで大掛かりなものを受けなくて済みます。また、中度のたるみになると、ほうれい線がよりくっきり目立ってくるようになります。毛穴の広がりもひどくなるため、皮膚が汚く見えてしまうでしょう。こうなると、太い糸を使ってリフトアップ手術をしなければならなくなります。さらに症状が悪化し、重度のたるみに発展してしまうと、頬や目元のたるみがひどくなりほうれい線もくっきりと刻まれるようになってしまいます。ここまで症状が悪化すると、皮膚を切除してたるみを解消する必要があります。切除手術はリスクは高くなりますが、1度の施術でしっかりリフトアップ効果を出すことができ、持続期間も長いので安心です。美容外科クリニックでは、このようにたるみの度合いに合わせて最良の治療を行なってくれます。